【40週目】予定日検診

37週目のテレビジットによる産婦人科の定期検診以降、毎週オフィスでの定期検診を受けてきて、ついに今日は予定日検診でした。前々回、前回と、子宮頸管はまだ長さがあり、子宮口は1cmくらい開いていると言われていましたが、今日は1−2cmくらいと言われました。

内診グリグリ

予定日ということで、噂の内診グリグリ(指を入れて物理的に卵膜剥離を行って陣痛を促す方法)を行いました。私の先生は「マッサージ」という表現をしたので、最初気が付きませんでした。
ベリベリ剥がすというよりは、指を入れて5秒間ほど押し込む、という作業を2回別の部位で行うという方法で、そこまで痛みはありませんでした。

帰宅してから、少量の出血が続き、翌日には血の混ざったおりものがでてきました。

果たしてこのまま陣痛がくるのかどうか…。

ちなみに、来週まで陣痛が来なかったら、入院して誘発分娩を勧められました。初産の場合、自然分娩が望ましいという情報をどこかで読んだので、先生に聞いてみましたが、最近39週の妊婦さんの大きなデータがでたらしく、その結果によると、39週の初産で誘発分娩と自然分娩との間で帝王切開率やその他合併症のリスクなどに違いはなかったとのことでした。

そういうことであれば、荷物もちゃんと準備していけるし、病院へも気持ちに余裕をもって行ける誘発分娩の方がいいなと思ってきました。

ただ、内診グリグリをしたので、その前に陣痛が来てしまうかもしれませんが…。

いざ出産が間近に迫ってくると、臨月以降の体の痛みから、あんなに早く産まれてきてほしいと思っていたのに、ちょっと待った!という心境に。

でもこればかりはどうしようもないので、流れに身を任せるように努力します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA